武田さちの活動レポート

本丸櫓の復元と懸賞金500万の裏側

2024年5月27日

皆さん、こんにちは。

先日、北部地区まちづくり協議会の特別講演で、市の櫓復元推進室の室長に「武者溜りの整備と本丸櫓の復元」についてお話をいただきました。

『復元』って、どういうレベルの復元をするんだ!?と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、文化庁では歴史的建造物を復元するのに、厳しい基準を設けていて、簡単に復元できないようになっているんです。

歴史的建造物の「復元」には、2種類があります。1つ目は、『復元』。これは、建築素材を当時のものを使って、外観も内部も当時のまま忠実に再現することを指します。約400年前の当時の素材を使うって、現実的にかなり厳しいですよね。

上田市では、もう1つの復元方法である『復元的整備』(外観を限りなく当時のままに再現すること)を目指しています。

復元するためには、その根拠となる資料として、櫓の形が確実にわかる古写真や設計図、古文書などが必要になってきます。が!!!今、その資料が見つかっていません。

資料を見つけた方には、懸賞金500万円が贈られることになっています。ちなみに、全国でも懸賞金をかけてこういった史跡の情報提供を求めた自治体もあるんですが、これまでに懸賞金が支払われたことはないそうです。。。それだけ困難なことなんですね。もし、上田城の櫓などの資料が見つかったら、歴史的にもすごいことですね。(松江城の時には、1,000万円だったそう)

今年度中、募集をしているので、心当たりがある方は、ご実家の蔵などを探してみてください。1702年〜1878年の間の情報を特に探しているそうです。

NBSさんが動画でわかりやすく紹介してくださっています。https://youtu.be/Gjk6mS_cM2o?si=sn_Gl7kGsp5S27IP

⭐︎本日の武さちグルメ⭐︎

先日、打ち合わせで長野市役所へ行ってきました。長野市役所には、上層階に食堂があります。(景色がとってもきれい!)この日のAセット『チキンカツカレー』(¥600)を食べました。

初めてチキンカツを食べたんですが、まわりサックサク、中は柔らかくってジューシーで最高に美味しかったです。お肉を食べるとスタミナがつきますね!!

武田さちの
活動レポート

一覧はこちら

武田さち後援会
ご入会のお願い

武田さち後援会では、武田さちの政治活動を支援してくださる会員を募集しております。
新人の私にとって、励ましのお言葉やサポートの手ほど、心強いものはございません。
ご家族、ご友人にご支援の輪を広げていただけると幸いです。